星期日, 10月 04, 2009

0 學日文唱「零秒出手」主題曲─「イチブトゼンブ」

「零秒出手」雖然在日本的收視率不算很高,但據我所知,在台灣和香港,卻是今個夏天最多迴響的一部日劇。當然主題曲「イチブトゼンブ」中板不算激昂,但卻可令聽者內心有種澎湃的感覺,配合籃球場上爭勝的場景,也十分好聽,我目前還用它作手機鈴聲。好聽,當然就想學著唱。

「アナタは私のほんのイチブしか知らない」
勝ち誇るように笑われても それほどイヤじゃないよ
生まれてくる前 聞いたようなその深い声
それだけで 人生のオカズになれるくらいです

すべて知るのは到底無理なのに
僕らはどうして
あくまでなんでも征服したがる
カンペキを追い求め(Oh, 血眼で)
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに

もしそれがきみのほんのイチブだとしても
何よりも確実にはっきり好きなところなんだ(何が何でも)
困った時 少しまゆげを曲げてみせたり
抱きよせるとホッとするような柔らかさだったり

すべて掴んだつもりになれば
また傷つくだろう
ほんとに要るのは有無を言わせない
圧倒的な手触り(Oh, you're the one)
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに

(Woo!)

君にしかわからないこと(I can't tell)僕だけが見えていること(You've never known)
どれもホントのこと

すべて何かのイチブってことに
僕らは気づかない
愛しい理由を 見つけたのなら
もう失わないで(Oh, you're the one)
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに
それだけでいいのに

STEP1在網絡上找來日文歌詞,並把歌詞貼在MS WORD2003文件上。

STEP2反白HIGHLIGHT歌詞,選「格式」→「亞洲方式配置」→「注音標示」→跟著在對話框選「確定」

STEP3已經將漢字和片假名都加註平假名,注意只能一小段一小段處理。


完成整首歌後,就可以跟著唱了,此方法適合熟練50音的朋友,對於不是十分熟練的朋友,相信更希望能把漢字、平假名和片假名都變成羅馬拚音,嘿嘿,也可以呀!不過就比較麻煩,要一行一行地處理。

STEP1確定你的電腦安裝了日文輸入法,並把輸入法轉為日文。

STEP2反白HIGHLIGHT歌詞,右擊滑鼠後選「其他」,這時文字有底線,按鍵盤的左右鍵可以移動選取字段,把鼠標放在文段上按「F10」,就可以轉為羅馬拚音了。

STEP3完成



anatahawatashino honnoitibushikashiranai
katihokoruyouniwarawaretemo  sorehodoiyajanaiyo
umaretekurumae  kiitayounasonohukaigoe
soredakede zinseinookazuni narerukuraidesu
Subeteshirunoha touteimurinanoni
Bokurahadoushite
Akumadenandemo seihukushitagaru
kanpekiwooimotome(Oh, 血眼で)
aishinukerupointoga hitotuaryaiinoni
Moshisoregakimino honnoitibudatoshitemo
naniyorimokakuzitunihakkiri sukinatokoronanda(何が何でも)
Komattatoki Sukoshi mayugewomagetemisetari
dakiyoserutohottosuruyou nayawarakasadattari

subetetukanda tumorininareba
Matakizutukudarou
hontoniirunohaumuwoiwasenai
attoutekinatezawari(Oh, you're the one)
aishinukerupointoga hitotuaryaiinoni
(Woo!)
Kiminishikawakaranaikoto(I can't tell)bokudakegamieteirukoto(You've never known)
doremohontonokoto
Subetenanikanoitibuttekotoni
bokurahakidukanai
itoshiiriyuuwo  mituketanonara
mouushinawanaide(Oh, you're the one)
aishinukerupointoga hitotuaryaiinoni
soredakedeiinoni

快來一起唱吧!!!

0 留言:

Blogger news


 

索愛の手機主題 Copyright © 2011 - |- Template created by O Pregador - |- Powered by Blogger Templates